交通事故治療に関するご質問(Q&A)

交通事故に関するご質問は下記を参考にしてください

整骨院でも交通事故のケガの治療を保険ですることができますか?

もちろん、大丈夫です。『整骨院』『接骨院』は、柔道整復師という国家資格を持った 医療従事者が治療を行なう医療機関です。通常のケガでは、整形外科と同様に、健康保険で施術を行うことが出来ます。交通事故の場合も、各保険会社と交通事故の自賠責保険で施術をする協定を結んでいるので、その協定にのっとって施術を提供しています。そのため、整骨院でも問診を受け、施術をしていくことが認められています。

針灸院・整体院・マッサージ院でも交通事故の保険は利きますか?

残念ながら、針灸院や整体院やマッサージ院での施術を希望の場合は、整形外科などの医師の、『このケガにはマッサージが必要』『針灸治療が必要』という診断書がないと、保険会社は、その治療費を保険会社が持つことを認めてくれない場合が多いです。まずは、保険会社の担当の方に相談しましょう。 整骨院として、交通事故の保険の適応を申請しているので、整骨院の施術範疇の施術を提供しています。当院で針灸治療を希望の場合は、症状と、治療内容により、どの様に施術を提供していくかを検討していきます。場合によっては保険会社と交渉の上で提供を検討していきます。

整形外科と整骨院(接骨院)とはどうちがうのでしょうか?

患者様の目から見た、整骨院(接骨院)と整形外科の大きな違いは、出来る検査内容と治療内容が違うことです。 医師は、医療に関して万能で、何をやることも許されています。 整骨院では、医師が出来る医療の一部だけが認められています。そのため、その認められている一部の施術に関しては、整形外科で提供している治療よりも、効果が高い施術を提供するように努力しています。 整形外科では、医師が、レントゲンや血液検査などの検査や診察、薬や外科的な手術などを行います。そして、医師の指示の元、理学療法士が、電気治療や牽引などのリハビリや理学療法を行います。医師がレントゲン等の検査のもとで診断を下すので、法的にも診断に対する信用度が高いです。しかし、理学療法は、保険にのっとった範囲の治療以外はやらない医院が多いので、効果が低い場合があります。 整骨院(接骨院)では、我々、柔道整復師が徒手的な検査と、理学療法、徒手手技による施術を行います。レントゲン検査や血液検査は整骨院では出来ないので、ケガの程度によっては、整形外科での診察や指示を仰ぎます。治療も、薬や注射が良い場合は、整骨院では出来ないので、整形外科にお願いします。しかし、理学療法や徒手的な手技療法が得意なので、整形外科では提供できない、徒手療法を駆使して、むち打ち症などの症状の改善を促しています。

交通事故でケガをした時、整形外科と整骨院とどちらにかかった方が良いのでしょうか?

まずは、当院を受診して下さい。診察の結果、必要に応じて整形外科と連携して治療をして行きます。 整形外科では、レントゲンなどの診察をしてもらい、日々の施術は当院(整骨院)で行うのが理想と思います。なぜなら、交通事故の場合、治療が長期に渡った場合や後遺症が残った際の診断は、整形外科での診断を仰いだ方が良いので、整形外科の診断を受けながら、治療は、治療効果が高い理学療法や徒手手技を行える当院にかかるのが良いです。

事故直後は痛くなかったので、病院に行きませんでしたが、数日してから頚や腰に痛みが出てきました。どうしたら良いのでしょうか?

すぐに、相手側の保険会社の担当者に連絡し、早めに当院を受診して下さい。事故後は痛くなかったのに、1週間くらいして症状が出てくる場合がよくあります。 交通事故によるケガの痛みと診断を受け、治療に取り組んで下さい。その際、事故直後は痛みがなかったために、人身事故扱いにしていなかったのなら、当院(または整形外科)の診断書を所轄の警察署に提出して、人身事故扱いにしてもらって下さい。

事故後は痛くなかったのですが、1ヶ月後から痛みがでてきました。 交通事故の保険で治療をすることは出来ますか?

事故に関しての示談がすんでいなければ、まずは、保険会社に連絡して相談して下さい。 事故後なんともなかったのに、1ヶ月くらいしてから痛みが出て来た場合は、交通事故による痛みではなく、日常生活が原因の痛みの可能性も高いので、交通事故との因果関係の証明が難しいです。保険会社が、事故との因果関係が認められれば、交通事故の保険で治療を受けることが出来ますと言えば、整形外科の診察を受けて下さい。整形外科の診察で交通事故との因果関係を診断してもらえたら、交通事故の保険で治療を受けることができるかもしれません。整形外科で診断を受けて、認められた場合は、その後は当院で治療を行うことは可能です。

整骨院でも診断書を出してもらえますか?証明書の目的を教えて下さい

問診の結果、施術証明書を出すことは可能です。その目的に合わせて証明書を発行します。交通事故でケガをした場合、事故現場の所轄の警察署に証明書を提出して、人身事故の手続きをしないと交通事故の保険の取扱が出来ません。事故後に整形外科にかかっていない場合は、当院を受診した際に証明書を発行しますので、その証明書を持って、所轄の警察署に持って行って下さい。長期に渡って会社を休むなど、理由によっては、整形外科で発行する診断書の方が良い場合があります。その場合は、整形外科で診断書を発行してもらうことをお薦める場合もあります。

交通事故に会い、救急病院にかかりましたが、遠いので近くの田中淀川整骨院にかかりたいのです。 かかることはできますか?

当院に来院して下さい。遠い理由の他に、診療受付終了の時間が早いため受診がしにくいなど、治療をしたくても治療を受けにくい環境の場合、転院をお薦めします。

交通事故で整形外科にかかっていますが、ケガをしてから1週間くらい経ちますが、痛み止めを飲んで安静にしていますが、痛みが取れません。もっと痛みを取る治療はできませんか?

ケガをした直後から出来る、理学療法や針灸治療の併用をお薦めします。ケガをしたばかりの時は、1~2週間の安静が指示されます。しかし、痛み止めや安静だけでは痛みは取れない場合もあるので、医療機関で何も処置を行わないで、自宅で安静にしているだけでは、不安になる方が多いです。もちろん、ケガをしたばかりの場合は、1週間くらいかけて、日に日に痛みが出てきたりすることもあるので、治療をしても、グングン痛みが引いていかない場合もあります。しかし、毎日、状況にあわせて治療を行い、我々とコニュニケーションを取っていることが、患者様は精神的にも安心感が増すので、毎日治療することが大切です。当院に来院して、毎日施術を受けて下さい。

現在かかっている整形外科に通院しながら田中淀川整骨院にかかることはできますか?

整形外科と当院と両方にかかることが出来ます。ただし、同じ日に、整形外科と当院とで両方で治療を受けることは出来ません。交通事故の自賠責保険の取り決めで、同じ日には、1箇所での治療しか認められません。ただし、整形外科では診察のみで、治療は当院で行う場合は、同じ日に整形外科と当院と両方を受診しても問題ないです。 整形では、診察のみを受け、当日その後で当院に来院して、施術を受けて下さい。

現在、整形外科(他の整骨院)で治療中ですが、1ヶ月以上経っても治りが悪いです。 病院を変えて田中淀川整骨院にかかることはできますか?

保険会社の担当者に、病院を変えたいと伝えて、当院に来院して下さい。現在通院中の医療機関で治療を続けていても、症状の改善が悪い場合、病状の説明・患者様の訴えや疑問に答えることがない等、主治医とのコミュニケーションが不十分で信頼関係が築けていない場合は、転院をお薦めします。

保険会社の担当者から、整骨院ではなく、整形外科の方で治療を受けた方が良いと言われました。 整骨院よりも整形外科で治療を受けた方が良いのでしょうか?

保険会社としては、初期の病状の把握や、治療が長期に渡った際の診断、後遺症が残った際の診断などに備えて、整骨院(接骨院)よりも、レントゲン等の検査などが行える整形外科での診察を薦める場合が多いです。また、決して、整骨院での施術が認められない訳ではありません。保険会社としても、早く被害者の方の具合が良くなってもらった方が良いので、整骨院での施術の方が早く具合が良くなるなら、整骨院での施術を薦めてくれます。上記したように、治療が長期化した際や、後遺症の診断の場合は、整形外科の診断を仰いだ方が良いので、症状によっては、整形外科での定期的な診断をした方が良い場合もあります。ですから、当院では、整形外科と連携し、診察は整形外科で、施術は当院で行うことを薦めています

事故から3ヶ月経つと、保険会社から治療を打ちきられるという話しを聞きましたが、本当でしょうか?

治療の期間は、何ヶ月までと決まっているわけではありませんが、むち打ち症や腰痛などで自覚症状以外に検査に問題がない場合、3ヶ月くらいが治療期間の1つの目安になります。何か問題のある検査結果がある場合や、もう少し治療を続けることで症状が改善し、完治する見込みがある場合は、保険会社も、治療を打ち切りたいとは言って来ません。しかし、症状がまだ残っていても、治療してもこれ以上の改善が見られない(症状固定といいます)と診断されると、治療を終了にして、示談を求められます。通常、医療機関からは、定期的に病状の報告を保険会社に提出しない場合が多いので、保険会社も、患者様の具合が分からず、ひとつの目安で、3ヶ月くらいで治療を打ち切りたいと言ってくる場合があります。当院では、保険会社がその様な対応をすることがないように、毎月病状を書面で報告し、3ヶ月後も、治療の継続の必要性がある場合はその理由を報告していますので、保険会社から、患者様に直接、○ヶ月たったので治療を打ち切りたいと言う話がくることはありません。患者様が治療を続けるか否かは、保険会社が決めるのではなく、我々が患者様に病状や今後の経過などを説明し、患者様の納得がいく形で決定していきます。当然、痛みがいつまでも引かないといって、1年2年といつまでも治療を続けることは出来ませんので、痛みが完全にとれなかった場合は、どこかで区切りをつけないといけませんが、3ヶ月で一方的に治療を打ち切られるような事はありません。その様な心配はせず、安心して当院で施術を受けて、完全にケガを治すことだけを考えて下さい

保険会社と示談をした後で、痛みが再び出てきました。交通事故の補償は受けられますか?

示談後は、事故当初に対応していた、保険会社は対応してはくれませんので、新たに保険会社から保障を受けることは出来ません。示談の際に支給された慰謝料から、自己負担の治療費を払い、治療を受けて下さい

整骨院ではどのような施術を受けることが出来るのですか?

整骨院では、一般的には電気治療などの理学療法と、各整骨院の先生の得意とする手技療法を提供します。理学療法は、整形外科でも行いますが、整形外科では患者様が多すぎるために、治療時間が短いです。そのため、整骨院では整形外科よりも長い時間、理学療法を行います。手技療法は、各先生によって、得意な手技が違うので、一概には述べることは出来ません

治療は週にどのくらい通えば良いのですか?

できれば毎日が理想です。仕事が忙しくて来院できなくても、最低週1回、できれば週2回施術に通って下さい。薬は、2週間分を一度に出せますが、我々の行う施術は、毎日来院してもらえないと、施術が出来ません。早く確実に治すために、毎日施術したいです。また、仕事に忙しいからと言っても、施術を行わないことは、患者様自ら、治す機会を逃していることになります。治すべき時期に、しっかり治療しないと、慢性化して治りにくくなるからです。治療に来ない期間が長いと、保険会社も、通院する必要がない程度のケガや痛みなのだろうと判断される危険があります。我々も、病状が把握できないので、保険会社にフォローが出来なくなります。しっかり通院の時間を作って、病状の報告と治療のために通って下さい

完全に痛みがとれるまで治療を続けることは出来ますか?

完全に痛みが取れるまで、しっかり治療していきましょう。ただ、ケガの程度や具合によっては、痛みが完全に取れず、停滞する場合があります。治療をしても、少しは具合が良くなるが、すぐに元に戻ってしまうという、症状固定の状態になったら、保険会社との間では、示談をして、保険会社が保障する治療は終了になります。完全に痛みが取れなかった場合、何ヶ月で、症状固定と診断し、治療を終了するかは、我々と患者様とで相談して、納得行く形で決定します。示談後は、痛みが残った状態での示談ということで慰謝料を算定してもらい、その慰謝料から自己負担金を払い、治療を続けて下さい。痛みが完全に取れるまでしっかり治療して行きましょう

針灸治療を受けることは出来ますか?

針灸治療を提供できる場合と出来ない場合があります。交通事故の場合、保険会社と協定を結び、整骨院での交通事故の患者様に対する施術内容と施術費が決まっています。針灸治療に関しては、施術費の協定の取り決めがないため、料金が未定です。協定料金がないため、保険会社としても、医療機関から高額な治療費を請求されることを避けるため、医師の針灸治療を受けた方が良いという診断書がない限り、針灸治療を受けることを認めない場合が多いです。当院でも、簡単な針灸は、接骨院の交通事故の保険の中で提供しますが、時間をじっくりかけて行う針灸治療を希望の場合は、無条件で提供は出来ません。保険会社との相談の上、提供できるかどうかを決めます。針灸治療を希望の場合は、当院受診の際、ご相談下さい

整骨院に通っていて、しっかり慰謝料などの保障を受けることは出来ますか?

整骨院に通っていても、整形外科に通っている場合と同様に慰謝料などの保障を受けることが出来ます。 慰謝料の算定は、通院日数や通院期間が基準で使われますから、慰謝料などの保障をしっかり受けるためにも、しっかり通院して下さい。しっかり通院しないと、ケガの治りが悪い上、慰謝料の金額も10倍以上の差が出ます。ご注意下さい

保険会社の担当者が、そろそろ治療を終了して下さいと言われました。どうしたら良いでしょうか?

現在治療している医療機関で、しっかり治療の必要性があることを保険の担当者に伝えてもらいましょう。治療の必要性をしっかり示すことができれば、治療を続けることが認められます。治療の必要性を示すとは、痛みなどの自覚症状だけでなく、治療を続ける必要がある、検査結果があること・治療を続ける事で症状が改善される見込みがあること、等を指します。当院では、毎月の報告で、治療を続ける必要がある理由をしっかり保険会社に報告しているので、当院で治療の終了に向けての話が出る前に、保険会社の担当者から治療の終了の話が出ることがない様に、対応しています。安心して治療に専念して下さい

加害者が任意保険に入っていませんでした。どうしたら良いのでしょうか?

保障に関しては、一定額までは心配は要りません。自動車を所持するためには、自賠責保険に強制加入しています。 ですから、交通事故は、この強制保険で補償されます。(ケガの場合は120万円まで補償されます。)相手側が任意保険に入っていなかった場合は、被害者自身がこの強制保険に請求出来ます。もしも、被害者の方が、自分の車(バイク)に任意保険に入っているなら、自分の加入している任意保険会社に相談して下さい。手続きを代行して行ってもらえると思います

仕事を休んだ際の補償はでるのでしょうか?

仕事やアルバイトを休んだために損失した給与は補償されます。 ただし、自営業で、不定期に収入がある場合は、確定申告の資料を参考に、月平均の収入から算定される場合が多いです。 繁盛期で収入が高い場合に事故に会った場合、通常期よりも高い収入があったことを認めてもらう交渉などが必要です

ケガで家事が出来なくなった際の補償はありますか?

主婦の仕事によって、休業補償があります。 保険会社にしっかり申告して下さい

通院のための交通費や仕事を休んだ分の補償はでるのでしょうか?

通院のために交通費は補償されますので、しっかり計算しておいて下さい。 痛みのために歩けないなど、適切な理由があれば、タクシー代も認められます。 通院のために、仕事を休み、その分の給与が減らされるとしたら、その分も補償がされますので、しっかり申告して下さい


交通事故,スポーツ障害,淡路駅前,日曜診療,整骨,整体,鍼灸,マッサージ,大阪,東淀川